• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「荘子」外物から》魚を得てしまうと、魚とりの道具であるは不要になり忘れてしまうように、目的を達すると、それに役立ったものの功を忘れてしまうというたとえ。