• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ネズミ・猫・イタチなどにかまれて1週間ないし数週間して発病する感染症。スピロヘータの一種またはスピリルムとよばれる病原体が原因で、傷口が熱をもって赤く腫 (は) れ、寒け・発熱・頭痛・関節痛・リンパ節肥大などを伴う。

[医学/病気]カテゴリの言葉