• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

outstanding universal value 「顕著な普遍的価値」などと訳す》世界遺産に登録されるための必要条件。国の違いを超えて、現代・将来の人類にとって貴重な文化遺産自然遺産のこと。

[補説]世界遺産条約では、歴史・芸術・学術・民族学・人類学・観賞・保存・景観などの観点から「顕著な普遍的価値を有するもの」を文化遺産・自然遺産と定義している。「世界遺産条約履行のための作業指針」では顕著な普遍的価値について、「国家の域を超えてなお例外的であり、かつ、全人類の現代及び将来の世代に共通して大切とされる文化的または自然的な重要性のこと」と解説し、「顕著な普遍的価値を有するとみなされるには、資産が完全性および真実性の条件をも満たし、かつ、資産の保全を確実とする適切な保護および管理体制を有していなければならない」としている。