VHF Low band》日本の地上アナログテレビ放送で使われていたVHF帯(超短波)のうち、1~3チャンネルに相当する周波数帯(90MHz~108MHz)。平成23年(2011)7月に地上デジタルテレビ放送への移行に伴って空いた周波数帯であり、ラジオ放送のデジタル化などへの転用が検討されている。→V-High帯

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉