[名・形動](スル)
  1. 価値や働きなどが、その物事とほぼ等しいこと。それに対応すること。「五〇〇円―の贈り物」「ハイスクールは日本の高校に―する」

  1. 程度がその物事にふさわしいこと。また、そのさま。「能力―の地位」「それ―な(の)覚悟がいる」「収入に―した生活」

  1. かなりの程度であること。また、そのさま。「―な(の)成果をおさめる」

[副]物事の程度が普通よりはなはだしいさま。かなり。「―勉強したらしい」

出典:gooニュース

出典:青空文庫