• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉益東洞の解説 - 小学館 大辞泉

[1702~1773]江戸中期の医学者。安芸 (あき) の人。名は為則。字 (あざな) は公言。通称、周助。古医方を学び、万病一毒説、また診察の重要性を主張。著「類聚方」「薬徴」など。

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉