• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

奈河亀輔の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期の歌舞伎狂言作者。初世。奈良の人。並木正三の門人で、安永・天明(1772~1789)のころに京坂で活躍。代表作「伽羅先代萩 (めいぼくせんだいはぎ) 」「伊賀越乗掛合羽 (いがごえのりかけがっぱ) 」「競 (はでくらべ) 伊勢物語」など。生没年未詳。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉