奥村五百子の解説 - 小学館 大辞泉

[1845~1907]社会事業家。佐賀の生まれ。義和団事件の際は慰問使に参加し、のち愛国婦人会を設立した。