• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

宇田川榕庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1798~1846]江戸後期の蘭学者。日本の化学の開拓者。江戸の人。本名、江沢榕。蘭学者の江沢養樹の子。榛斎の養子。馬場佐十郎らに蘭学を学び、化学・植物学・薬学に通じた。著「舎密開宗 (セイミかいそう) 」「植学啓原」「西説菩多尼訶経 (ボタニカきょう) 」など。

[物理・化学/物理・化学の人物]カテゴリの言葉