• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

青木昌彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1938~2015]経済学者。愛知の生まれ。東大在学中、マルクス経済学を専攻し共産主義者同盟の指導部として活動。姫岡玲治 (ひめおかれいじ) の筆名も用いた。のち、近代経済学に転じ「比較制度分析」の理論を確立。スタンフォード大・京大などで教授を歴任。経済産業研究所所長、国際経済学連合会長も務めた。著「比較制度分析に向けて」「現代の企業」「組織と計画の経済理論」など。

青木昌彦の解説 - SOCKETS人物データベース

米スタンフォード大学名誉教授。「比較制度分析」という新しい経済学を確立した。国や地域によって異なる経済システムの多様性を、その国の慣習や歴史を含めた視点から分析した。その功績で、日本人初のノーベル経済学賞の有力候補とも言われた
出生地
愛知県名古屋市
生年月日
1938年4月1日 おひつじ座
没年月日
2015年7月15日(享年77歳)

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉