出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《上代語》「しまし」に同じ。
  • 「―もひとりありうるものにあれや島のむろの木離れてあるらむ」〈・三六〇一〉