出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1584~1639]江戸初期の僧・書画家。和泉国堺の人。号、惺々翁・空識。松花堂は晩年の号。男山石清水八幡宮滝本坊の住職。真言密教を修め、阿闍梨 (あじゃり) 法印となる。書は寛永の三筆の一人で、御家流大師流を学び、松花堂流を創始。また、枯淡な趣の水墨画を多く描いた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉