出典:デジタル大辞泉(小学館)

《公事 (くじ) をつとめて、功を成す意》平安中期以降に盛んになった売官制度。私財を朝廷に寄付して造宮・造寺などを行った者が、その功によって官位を授けられるもの。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉