出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸後期、上方の人形浄瑠璃社会で、良い、美しい、上手だ、などの意を表した語。

「女子の器量のよいを見てはおかのしろが―といひ、悪いは助四郎といひ」〈浮・芝居気質〉