いた・む【痛む/傷む】 の意味

  1. [動マ五(四)]
  1. 病気や傷などのために、からだに痛みを覚える。痛くなる。「下腹が―・む」「のどがひりひり―・む」
  1. 心に痛いほどの悲しみや苦しみを感じる。せつなく悩む。「遺族の気持ちを思うと胸が―・む」
  1. (傷む)器物・建物などが、傷ついたり損なわれたりする。「靴が―・む」「本が―・む」「屋根が―・んで雨漏りする」
  1. (傷む)食物が傷ついたり腐ったりして悪くなる。「生物 (なまもの) が―・む」「―・んだ牛乳」
  1. 金銭に関して痛手をこうむる。損をする。「懐が―・む」
  1. 迷惑に思う。苦痛に感じる。
    • 「いたう―・む人の、強ひられて少し飲みたる」〈徒然・一七五〉
  1. [動マ下二]いた(痛)める」の文語形。
  1. [用法]いたむ・[用法]うずく――「歯が痛む(うずく)」「傷口がいたむ(うずく)」の場合は相通じて用いるが、「下痢をして腹が痛む」のような場合にはあまり「うずく」は用いない。「古傷がうずいてならない」のように、ずきずきと脈打つような痛みを感じる場合には「うずく」を用いる。◇「心がいたむ(うずく)」のように、比喩的な使い方でも両語とも用いうるが、「後悔の念がうずく」のように、過ぎた事を悔んだり後ろめたく思ったりする心の苦しみには、「うずく」を用いることが多い。
  • いた・む【痛む/傷む】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「やっぱりお肚が痛むんでねえ。

      芥川竜之介「お律と子等と」

    • ・・・それから「どうじゃ、痛むか?」と尋ねた。

      芥川竜之介「三右衛門の罪」

    • ・・・丁度昼弁当時で太陽は最頂、物の影が煎りつく様に小さく濃く、それを見てすらぎらぎらと眼が痛む程の暑さであった。

      有島武郎「かんかん虫」