ダマスクス【Damascus】例文一覧 1件

  1. ・・・それではたまらない……めくら草紙の作者に、この言葉あてはまるや否や、――ストリンドベルグの『ダマスクスへ』よりの言葉である。と、ああ、気取った書き方をして了った。もう、これ以上、書かないけれども、太宰治様。僕は、あなたの処へ飛んで行って暗い・・・<太宰治「虚構の春」青空文庫>