出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 腰刀の異称。

  1. 近世、武士が登城の際に用いた、柄糸 (つかいと) を巻いた鐔 (つば) つきの短刀。殿中差し。小刀 (しょうとう) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉