出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 足の爪先のほうをひっかけるようにして履く手軽な履物。木・ゴム・ビニールなどのサンダルの類。

  1. 何の前触れもなく、だしぬけにすること。

    1. 「大変な大入だから到底―に行ったって這入れる気遣はない」〈漱石吾輩は猫である

  1. 歌舞伎下座音楽の一。時代物の合戦・立ち回りなどで、人物が勢い込んで出るときに用いる大鼓・小鼓の鳴り物。能管・太鼓入りのときもある。