出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸初期からの伝統的な手芸で、薄絹や薄紙などの小片を三角に折り、つまんでのり付けしながら花鳥や蝶などの形をつくるもの。櫛 (くし) ・かんざし・薬玉 (くすだま) ・つまみ絵などに用いる。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉