出典:デジタル大辞泉(小学館)

釈尊の入滅後を闇にたとえたもの。また、無明の闇。

「まつはれてこそは、―にもまどふわざななれ」〈・横笛〉