(梵)avidyāの訳》仏語。邪見・俗念に妨げられて真理を悟ることができない無知。最も根本的な煩悩で、十二因縁の第一、三惑の一とされる。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉