出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ナシを割るように、刀でまっ二つに切り割ること。

    1. 「まっかう―車斬り、頭切らるるやつもあり」〈滑・浮世風呂・前〉

  1. 歌舞伎の小道具の一。くわえ面の一種で、刀で梨割りにされたとき、赤く染めた綿が見えるようにしたもの。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉