出典:デジタル大辞泉(小学館)

表面に丸鑿 (まるのみ) の彫りあとを残した木彫。平安中期から鎌倉初期の関東から東北にかけて多くみられ、未完成のものとする説もあるが、仏像彫刻の一様式と考えられる。神奈川県弘明寺 (ぐみょうじ) の十一面観音像など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉