出典:デジタル大辞泉(小学館)

ナデシコ科の越年草。道端などに生え、高さ10~30センチ。茎は斜め上に伸び、緑色で柔らかく、卵形の葉が対生する。春から夏にかけ、多数の白い花をつける。花びらは5枚で、深く二つに裂ける。春の七草の一。粥 (かゆ) や汁に入れて食用とするほか、小鳥の餌にする。はこべら。 春》「カナリヤの餌に束ねたる―かな/子規