出典:デジタル大辞泉(小学館)

魚のひれ、または衣の袖。

「潮瀬の波折 (なをり) を見れば遊び来る鮪 (しび) が―に妻立てり見ゆ」〈武烈紀・歌謡〉