出典:デジタル大辞泉(小学館)

チェコ西部の都市。ボヘミア地方の最西端でドイツとの国境に近く、オフジェ川に沿う。中世よりバイエルン地方とボヘミア地方を結ぶ中継点として繁栄。フス戦争三十年戦争で大きな被害を受けた。現在は機械工業、ビール醸造が盛ん。旧市街にはシュパリーチェクとよばれるゴシック式の建物が並ぶほか、ヘプ城、ヘプ博物館などがある。ドイツ語名エーガーまたはエゲル。