出典:デジタル大辞泉(小学館)

縮の絹織物。縦に生糸、横に右縒 (よ) りの強い練り糸を用いた、女性の夏の高級着尺 (きじゃく) 地。寛文年間(1661~1673)堀次郎将俊 (まさとし) (明石次郎)が明石で始めたという。現在は、京都西陣・新潟十日町の産。

[生活/ファッション]カテゴリの言葉