出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]《「乱す」に先行して用いられたが、中世以降「乱す」にしだいに移行した》
  1. 秩序をなくすようにする。整っているものを崩す。

    1. 「議場を―・らんと企てしが」〈竜渓経国美談

  1. ばらばらにする。散乱させる。

    1. 「滝つ瀬に誰白玉を―・りけむ拾ふとせしに袖はひぢにき」〈後撰・雑三〉

  1. 平静さをなくすようにする。

    1. 「御物の怪などの…人の御心―・らむとて」〈・御法〉

[動ラ下二]みだれる」の文語形。