出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本の弦楽器の一。神楽東遊 (あずまあそ) びなど、雅楽の日本古来の歌舞に用いる6弦の琴。多くは桐 (きり) 製で、長さ約190センチ。柱 (じ) はカエデの枝をそのまま用いる。右手に持った琴軋 (ことさき) (長さ7センチほどの鼈甲 (べっこう) 製の撥 (ばち) )と左手の指で弾く。やまとごと。あずまごと。