出典:デジタル大辞泉(小学館)

恒星誕生の前段階にあたる牡牛座T型星の周囲にある濃いガスと塵 (ちり) からなる円盤。原始星円盤の名残であり、円盤の中では直径10キロメートル程度の微惑星が形成され、衝突や合体を繰り返して原始惑星や惑星に進化すると考えられている。また、太陽系の場合は原始太陽系円盤と呼ばれる。原始惑星系星雲。

出典:gooニュース