• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

原始星から恒星に進化する途中にある太陽程度の小質量の天体。牡牛座のT星という変光星にちなむ。重力エネルギーの解放によって輝き、水素の熱核融合は起こっていない。内部温度が上昇して水素燃焼が始まると主系列星になる。天体の近傍には原始星円盤の名残である原始惑星系円盤という濃いガスや塵 (ちり) による円盤が形成され、系外惑星探査の対象になっている。Tタウリ星。Tタウリ型星。

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉

[ABC略語]カテゴリの言葉