出典:デジタル大辞泉(小学館)

《慣例で「女」の字は読まない》平安時代、白馬 (あおうま) の節会 (せちえ) の翌日(正月8日)と新嘗祭 (にいなめさい) の翌日(11月中 (なか) の巳 (み) の日)に、紫宸殿 (ししんでん) において皇族の女子に絹や綿などを賜った行事。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉