出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]おほ・し[ク]
  1. 数や量がたくさんある。物事がたびたび起こる。「商店が―・い」「交通事故が―・い」「―・いの少ないのと文句をつける」⇔少ない

  1. 全体の中で占めている割合が大きい。「子供に―・い病気」→多かり多く

[補説]「多し」は、中古には訓点語系に用いられ、和文系統には、連用形「多く」を除いて「多かり」の系列が用いられた。
[派生]おおさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース