出典:デジタル大辞泉(小学館)

Münsterberg illusion錯視の一つ。直線の上下に白と黒の正方形を互い違いにずらして並べたとき、直線が傾いて見えること。ドイツ出身の医者・心理学者ミュンスターバーグが発表。この図を基本とするさまざまな変種が見出されており、中でも、このパターンを上下に繰り返して、直線を灰色にしたものはカフェウォール錯視とよばれる。

[医学/人体]カテゴリの言葉