出典:デジタル大辞泉(小学館)

納税者が配偶者特別控除を満額受けることができる、配偶者の年収の上限。納税者の給与収入が1120万円以下で、配偶者が給与所得者の場合にあてはまる。→百六万円の壁百三十万円の壁

[補説]配偶者の年収が150万円を超えると、配偶者特別控除の額は段階的に少なくなり、201万円で消失する。平成29年(2017)以前は、配偶者の年収が103万円を超えると配偶者特別控除が適用された(百三万円の壁)。