あげ‐は【揚羽】 の意味

  1. 揚羽蝶」の略。

あげ‐は【揚羽】の慣用句

  1. あげはちょう【揚羽蝶/鳳蝶】
    • アゲハチョウ科のチョウ。翅(はね)の開張8~12センチ、黄色に黒色のすじや斑点がある。幼虫はミカンサンショウなどの葉を食べ、柚子坊(ゆずぼう)とよばれる。なみあげは。
    • 鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科のチョウの総称。大形で、多くは後ろ翅に長い突起がある。クロアゲハキアゲハアオスジアゲハなど。 夏》「我が来たる道の終りに―/耕衣」
  1. あげはのちょう【揚羽の蝶】
    • 紋所の名。アゲハチョウの側面を図案化したもの。
  1. あげはもどき【擬鳳蝶蛾/揚羽擬】
    • 鱗翅(りんし)目アゲハモドキガ科のガ。翅(はね)の開張6センチくらい。ジャコウアゲハに似て全体に黒色、後ろ翅に赤黄色の斑紋がある。
  • あげ‐は【揚羽】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・烏羽揚羽と云うのでしょう。

      芥川竜之介「妖婆」

    • ・・・ 耳もとで囁き、大きい黒揚羽の蝶が、ひたと、高須の全身をおおい隠し、そのまま、すっと入口からさらっていって、廊下の隅まで、ものも言わず、とっとと押しかえして、「まあ。

      太宰治「火の鳥」