出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期の仮名法語集。3巻。寛延2年(1749)刊。白隠慧鶴 (はくいんえかく) 著。禅に対する考え方や武士の参禅、病中の修行の用意、さらに法華経観を語ったもの。遠羅天賀麻。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉