出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]《「あざ」は新鮮の意》
  1. ものの色彩・形などがはっきりしていて、目立つさま。「鮮やかな若葉の緑」「印象鮮やかな短編小説」

  1. 技術・動作などがきわだって巧みであるさま。「鮮やかな包丁さばき」

  1. 容姿などがきわだって美しいさま。

    1. 「いと―に男々しきさまして」〈・真木柱〉

  1. 鮮度が高いさま。生き生きとしたさま。

    1. 「童子、かの浦に行きて―なる鯔 (なよし) 八隻 (はちしゃく) を買ひ取りて」〈今昔・一二・二七〉

[派生]あざやかさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース