出典:デジタル大辞泉(小学館)

《1日1日と新しく変わっていく夜の意から》夜ごと夜ごと。毎夜。

「―の一夜もおちず夢に見えこそ」〈・二八四二〉