出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 外界からの刺激に対して起こる心の状態。心持ち。気持ち。気分。「心地よさそうに眠る」「生きた心地もしない」

    1. 気持ち[用法]

  1. 物事に対する心の持ち方。考え。思慮。心構え。

    1. 「まだいと若き―に」〈・空蝉〉

  1. 気分が悪くなること。病気。

    1. 「―などのむつかしき頃、まことまことしき思ひ人の言ひなぐさめたる」〈・二六五〉

  1. (「心地する」の形で)…のようなありさま、…の感じである、という意を表す。ようす。けはい。風情。

    1. 「人柄のたをやぎたるに、強き心をしひて加へたれば、なよ竹の―して、さすがに折るべくもあらず」〈・帚木〉

[補説]1の場合、複合語の下の部分を構成するときは「履きごこち」「夢見ごこち」のように「…ごこち」となる。