サミット【summit】 の意味

  1. 《頂上の意》
  1. 主要国首脳会議。世界の主要国の首脳が集まり、国際社会が直面するさまざまな課題について意見交換を行う、非公式の国際会議。米国・英国・フランス・ドイツ・イタリア・カナダ・日本・ロシアの8か国および欧州理事会議長・欧州委員会委員長が参加(ロシアは2014年から参加資格停止中)。各国の持ち回りで、毎年5~7月頃に開催される。主要8か国首脳会議。G8 (ジーエイト) 。G8サミット。→シェルパ
  1. 最高責任者どうしによる会談。トップ会談。「環境サミット」
  1. [補説]1は、1975年に米国・英国・フランス・ドイツ(当時は西ドイツ)・イタリア・日本の6か国(G6)による会議としてフランスのランブイエ城で初めて開催された。翌年、カナダが加わってG7となり、1977年から欧州委員会委員長と欧州理事会議長が参加するようになった。1998年からロシアが加わりG8となったが、2014年に同国がクリミアを併合するなどウクライナの主権と領土を侵害したことから資格停止となり、以降、G7サミット(主要7か国首脳会議)として開催されている。ロシアの参加以前は「先進国首脳会議」「先進7か国首脳会議」「主要先進国首脳会議」などと呼ばれていた。