さんきち【三吉】 の意味

  • さんきち【三吉】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 学士が驚いた――客は京の某大学の仏語の教授で、榊三吉と云う学者なのだが、無心の小児に向っては、盗賊もあやすと言う……教授でも学者でも同じ事で、これには莞爾々々として、はい、今日は、と言った。

      泉鏡花「みさごの鮨」

    • 三吉は今二階だが、何か用かね?」「なに、そんならいいんです・・・

      小栗風葉「深川女房」

    •  坂田三吉が死んだ。

      織田作之助「可能性の文学」