• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

ざん‐ざい【斬罪】 の意味

  1. 首をきる刑罰。うちくび。
  • 名詞
  • ざん‐ざい【斬罪】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・「さあ、土匪の斬罪か何か見物でも出来りゃ格別だが、………」 僕はこう答えながら、内心長沙の人譚永年の顔をしかめるのを予想していた。

      芥川竜之介「湖南の扇」

    • ・・・政治上の党派をことにするという故をもって斬罪となった者は、日に幾千人にものぼっているではないか。

      幸徳秋水「死刑の前」

    • ・・・仏国革命の恐怖時代を見よ、政治上の党派を異にすというの故を以て斬罪となれる者、日に幾千人に上れるではない歟、日本幕末の歴史を見よ、安政大獄を始めとして、大小各藩に於て、当路と政見を異にせるが為めに、斬に処し若くば死を賜える者計うるに勝えぬで・・・

      幸徳秋水「死生」