• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

梅雨(つゆ)/梅雨(ばいう)/五月雨(さみだれ)

関連語
空梅雨(からつゆ)
菜種梅雨(なたねづゆ)
  1. [共通する意味]
      ★六月ごろ集中的に降る雨。またはその時期をいう。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔梅雨〕(つゆ)
      梅雨に入る
      梅雨が明ける
    • 〔梅雨〕(ばいう)
      梅雨前線
    • 〔五月雨〕
      五月雨の京都は美しい
  1. [使い分け]
    • 【1】「梅雨(つゆ)」「梅雨(ばいう)」は、梅の実が熟する六月上旬から七月中旬ごろにかけて降る雨の意からきた語。またはその時期をいう。
    • 【2】「梅雨(つゆ)」が、一般的な語。
    • 【3】「梅雨(ばいう)」は、「梅雨前線」「梅雨期」のように他の語と複合した形で使われることが多い。
    • 【4】「五月雨」は、「さみだれ式にストを行う」のように、断続的に繰り返すことのたとえとしても用いられる。
  1. [関連語]
    • (空梅雨) 梅雨の時期にほとんど雨が降らないこと。「空梅雨のため水不足が心配だ」
    • (菜種梅雨) 菜の花の咲く三月下旬から四月にかけて降り続く雨。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

梅雨の類語

  • 熱帯性気候における2つの季節のうちの1つ の意

五月雨の類語

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi