• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

(そこ)/奥(おく)/奥底(おくそこ)

  1. [共通する意味]
      ★なにかの中の深いところにあって、外からわからない所。
  1. [国語辞書で詳しい意味を調べる]
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔底〕
      ▽彼の能力はが知れない
      ▽心のからの悲痛な叫び
      が浅い(=内容に深みがない)
    • 〔奥〕
      ▽胸のに秘めた熱い思い
      ▽人間は心ので何を考えているかわからないものだ
    • 〔奥底〕
      ▽主人公の心の奥底を描き出した作品
      ▽魂の奥底に触れる音楽
  1. [使い分け]
    • 【1】「底」は、「海の底」「井戸の底」「コップの底」のように、くぼんだ地形や器物の一番下の部分の意もある。また、「やかんの底を磨く」のように、下側の表面をいう場合もある。
    • 【2】「奥」は、「洞窟(どうくつ)の奥」「小路の奥」のように、入り口から遠く入った方をいうこともある。
    • 【3】「奥底」は、具体的に位置や場所を示す場合には用いられない。
  1. [分類コード]

国語辞書でその他の類語を調べる

出典:日本語ワードネット

の類語

  • 何かが座ることを意図する平底 の意
  • あるものの下側の面 の意
  • あらゆるものの最も低い部分 の意
  • 底、あるいは最も下の部分 の意
  • 高さをそこから描くことのできる幾何学的図形の底の辺 の意

の類語

  • 通常の観察者から最も遠い何かの部分 の意

日本語ワードネット1.1 (c) 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2017 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi