[名](スル)
  1. 心に深く感じて物思いに沈むこと。

  1. 人の死を悲しみ嘆くこと。

  1. 男女の生まれを暦の干支 (えと) 九星などに当てて相生 (そうせい) 相克を知り、二人の縁を定めること。中国の五行 (ごぎょう) 思想から出た考え方。→五行

  1. 互いの性格調子などの合い方。「上司と—が悪い」「—のいい対戦相手」

  1. 俗に、機器同士を接続して用いるときの動作の具合。特に故障ではないにもかかわらず、原因不明の動作の不具合がある場合、「相性が悪い」という。

[補説]「相性が合う(合わない)」とは言わない。

気に入りのめかけ。

親しみを込めてよぶ呼び名。ニックネーム。ペットネーム。

[名](スル)ある歌を、日ごろ好んでうたうこと。
[名](スル)ある詩歌や文章などを好んで口ずさむこと。
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。