[動ラ下二]ちりぢりになる。ばらばらに別れる。
  • 「人々―・れて、宿求むる」〈更級
[動ラ四]赤らむ。赤くなる。赤く映える。
  • 「島山に―・る橘」〈・四二六六〉

[動ラ四]

  1. 明るくなる。光を放つ。

    1. 「やうやうしろくなり行く、山ぎは少し―・りて」〈・一〉

  1. 光沢がある。つやがある。

    1. 「御服 (みそ) は―・る妙 (たへ) 、照る妙」〈祝詞・祈年祭〉

[動ラ五]閉まっていたものがひらく。また、隔てるものなどが除かれる。あく。

出典:青空文庫