[副]

  1. 《副詞「いと」+連語「しも」から》非常に。きわめて。

    1. 「―悔しう思ひ給へらるる折多くなむ」〈・須磨〉

  1. (あとに打消しの語を伴って)あまり。たいして。

    1. 「この度の司召しにも漏れぬれど、―思ひ入れず」〈・賢木〉