神戸市西部の区名。また、その須磨区南部の地域。大阪湾に面する白砂青松の海岸で、古来、明石と並び称される景勝地。須磨関跡・須磨浦公園などがある。[歌枕]
    1. 「わくらばに問ふ人あらば―の浦にもしほたれつつわぶとこたへよ」〈古今・雑下〉

源氏物語第12巻の巻名。光源氏、26歳から27歳。源氏の離京のようす、須磨での生活、暴風雨の襲来などを描く。
箏曲 (そうきょく) 。八橋検校 (やつはしけんぎょう) 作曲の六歌からなる組歌。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫