[副](スル)
  1. 《「うつ(空)」に接尾語「ら」の付いた「うつら」を重ねた語》

    1. ㋐疲労などのために浅い眠りにひきこまれるさま。「熱が高くて一日じゅう―としていた」「退屈な話を聞かされてついうつらうつらする」

    2. ㋑心がぼんやりしているさま。茫然 (ぼうぜん) 。

      「朝な夕なに梧桐 (ごとう) を眺めくらして、―として居た」〈漱石・野分〉

  1. 《「うつ(現)し」などの「うつ」に接尾語「ら」の付いた「うつら」を重ねた語》目の前にはっきりと見えるさま。まざまざ。

    1. 「なでしこが花とり持ちて―見まくのほしき君にもあるかも」〈・四四四九〉

出典:青空文庫